Medical secretary

医療の道を志すなら|医学部へ受験するのがピッタリ

実績を知るのが大事

着実に合格できる場所

女の人

医学部に入学する際には、難関の入試を突破する必要がありますが、その受験対策のために予備校に通おうと思っている方も多い事でしょう。
医学部の予備校は全国各地にありますが、まずはとにかく合格実績について着目するようにしましょう。
医学部予備校の良し悪しは合格実績がすべてと言っても過言では無く、指導力に定評があり、評判の高いところほど生徒を希望する大学に合格させています。
苦手科目がある場合にはその苦手科目に対して個別にカリキュラムを組んでくれるのか否かについても合格率を左右しますので、評判を確かめるのと同時にカリキュラムや授業の科目についても一応調べておくことにしましょう。
プロ講師が多く在籍している予備校ならば、これまでに何人もの生徒を医学部に入学させてきた実績があるので、熱意のある生徒ならばその夢を後押ししてくれます。
気になる予備校が実際にあった場合には、遠慮無く見学会や説明会に参加するのも良いでしょう。
医学部の予備校では、定期的に見学会を開催しているので、模擬授業を受けたり、実際の内部の様子を確認することができます。
評判の良い医学部予備校では必勝のためのメソッドを独自に確立しているため、その通りに勉強を進めていくことで、合格力を確実に身につけられます。
自分の実力を知るために評判のみならず、医学部の模試を受けさせてくれるかも大きな判断材料ですから、その予備校で一年に何回模試を開催しているのかを確認しましょう。

事務職であり研究職である

学生

医療に関する資格も増え、その必要性も高まっています。
病院などの医療機関は医者だけでなく事務作業を行う従業員も欠かせません。
その中で、医療秘書の注目度が高まっています。
医療秘書は医療事務とは異なる職業であり、この両者は比較されることが多いです。
しかし、共通している部分も多くあります。
まず両者の相違点ですが、医療秘書はただの事務だけでなく研究職の一面も兼ね備えている点です。
医療事務は受け付けで患者と接することがありますが、医療秘書はマスコミを相手にすることもあります。
学会で発表するデータを用意したり医者たちのスケジュールすることもあります。
次に共通点ですが、どちらも専門学校で資格の勉強をすることができる点です。
資格の専門学校や医療系の専門学校でも医療秘書を目指す人のためのコースが設けられており、資格としての人気も高いことが特徴です。
医療秘書と医療事務のどちらのコースも存在する専門学校も多く、また人によっては二つの資格取得を目指す人もいます。
医療機関としては医療秘書の資格を有する人がいることは強みであり、積極的に採用されています。
そのため、医療の場において就職に強い資格と言えます。
医療秘書になるためには医療秘書技能検定を受験しそれに合格する必要がありますが、国家資格ではありません。
取得するためには勉強は欠かせませんが、誰でも受験することができるため積極的にチャレンジされている資格です。
専門学校はその合格のために存在します。

知識や技術を身につけておく

女生徒

医療に関する仕事というと、医者や看護婦といった職業を思い浮かべる人も多いでしょう。
しかし、このように患者の治療に直接関わる仕事以外にも、事務方として病院を支える仕事というものも存在しています。
こうした病院における事務方の仕事にも複数の種類がありますが、その一つとして医療秘書という仕事があります。
医療秘書とは病院の院長のスケジュール管理を行ったり、院長等の役員あての来客の対応を行ったりするのが主な仕事です。
つまり普通の会社における秘書と基本的に仕事内容は似ており、医療に関わる仕事としての面は比較的少ないと言えます。
ちなみに病院での事務方の仕事というと医療事務が有名ですが、この2つの仕事はその内容が全く異なっています。
医療事務は患者の診療報酬請求等が主な仕事で、基本的に患者と接する事の多い仕事だと言えます。
これに対して医療秘書は院長等を相手にする事が多いため、基本的に患者と接する機会は少ない仕事になります。
医療秘書という仕事に就くために国家資格等の資格は必要ではなく、その点では仕事に就ける可能性は高いと言えます。
しかし病院の仕事の一つである以上は、ある程度の医療業界等に関する知識は身につけておくのが賢明です。
ただし、こうした知識等は独学で習得するのは難しい場合も多いため、出来れば専門学校等に通って学ぶのが望ましいと言えます。
専門学校ならば独学よりも効率的に知識が身に付けられますし、より実践的な知識や技術を学ぶ事が出来ます。
また専門学校の中には病院と提携している所も多く、実際の病院で実習経験が出来る専門学校もあります。

夢や目標で選びましょう

男女

医療学校には多くの種類があり、学べる内容が大きく異なっています。選び方の基準として、自分の目標に最も合った学部を選ぶことが挙げられます。違う学部を選ばないようにするためにも、就職までの進路から逆算して学校を選ぶのが良いでしょう。また、自分の興味関心のある分野を専攻することも重要となっています。

もっと読む

病院における特別な事務職

男女

医療秘書は、医療機関における事務職の1つです。医師のスケジュール管理や来客への対応等を主たる業務とします。仕事内容は一般企業における秘書とおおむね同じですが、医学等の専門知識もある程度必要です。そうした知識は医療系の専門学校で学ぶことができます。

もっと読む

実績を知るのが大事

女の人

医学部の予備校を探す場合には、まずは評判の良い所を探すことが大事です。生徒を希望する医学部に進学させた実積のある予備校は当然のごとく評価も高いので、医学部に確実に合格するなら実力を身につけられる予備校に行きましょう。

もっと読む