トイレの水漏れ

日頃からの目視が大切

トイレ水漏れは日頃から頻繁に使用している頻度が高いため劣化が起こりやすく、また使用頻度の高さからか、漏水や水漏れなどが発生するといった事例も少なくありません。洋式トイレであれば手洗いの排水溝やトイレ本体の排水溝などが詰まってしまったり、和式トイレであれば押し棒部からの漏水やバキュームブレーカーなどの漏水などが懸念されます。また洋式トイレのみですが、ウォシュレットの誤作動などもトイレ水漏れの原因となるので、日ごろから水漏れがないか目を配り、またメンテナンスをきちんと行うことが大切といえます。メンテナンスをおろそかにしていると、特にマンション住まいであればトイレ水漏れは階下への被害へとなり注意が必要となります。

水漏れのトラブル対処には

トイレのトラブルでよくある水漏れであればトイレのつまりによるものがあります。ただトイレつまりの多くは、すっぽんと呼ばれるラバーカップを使用することにより解消するケースがほとんどです。トイレがつまったからといって慌てることなく、冷静に水面をラバーカップで数回グッと押し込むのが解消させるコツです。詰まった時に流せると思って流すとトイレが溢れてしまい、トイレ水漏れが拡大する恐れがあるので注意が必要です。上記で述べた和式トイレの押し棒部の水漏れや、バキュームブレーカーの不備なども、配管を増し締めしたりバキュームブレーカーを交換することによって解消が可能です。ただ個人では行えないような症状であれば、水漏れの修理を行っている業者依頼が無難といえるでしょう。