強化する

耐震リフォームが注目される理由

最近は、住宅をリフォームする人が増えているようです。 新築住宅を中心に建築しているハウスメーカーや工務店もリフォーム業界に参入するほど需要があるということです。もちろん、その背景には新築住宅の建設数が減少しているという背景もありますが。 リフォームには様々な種類がありますが、近年注目されているのは耐震リフォームです。 耐震リフォームは、阪神淡路大震災や東日本大震災がきっかけで注目を浴びるようになりました。 東日本大震災は、住宅の倒壊はほとんどありませんでしたが、その後に続く各地の震度5以上の地震の先駆けとなっていることや、阪神淡路大震災のときは、直下型の縦揺れによって多くの住宅やビルが倒壊したことで、多くの人に地震の恐ろしさを植えつけたのです。

どの住宅が対象になるのか

耐震リフォームは、すべての住宅やビルに必要なわけではありません。 耐震リフォームが必要な住宅は、1981年6月より前に建築されたものです。1981年6月には建築基準法が改正され、その時に耐震基準も大きく変更されました。それにより、以降震度7程度の直下型地震でも耐えられる住宅になったのです。 阪神淡路大震災の時にたくさんの住宅やビルが倒壊しましたが、そのうちの9割は1981年6月より前に建築された住宅だったのです(そのうちの多くは1971年より前に建てられた住宅)。 このように、旧耐震基準の時の住宅と新耐震基準の時の住宅では、危険性が全く違うのです。 耐震リフォーム自体は、どの範囲でリフォームするかにより金額は違いますが、平均的には120万円ぐらいになります。