Medical secretary

医療の道を志すなら|医学部へ受験するのがピッタリ

病院における特別な事務職

専門知識もある程度必要

男女

医療機関における受付や会計、書類整理等の事務仕事は一般に医療事務と呼ばれています。
この医療事務は小規模なクリニックなどでは2〜3名のスタッフがあらゆる業務をこなしているのが通例ですが、大規模病院などでは専門分化が進んでいます。
そうした専門職の1つに、医療秘書があります。
医療秘書は医師のスケジュール管理や来客対応、出張の手配等を主たる業務とする職種です。
医療事務が医療機関全体をサポートするのに対し、医療秘書の方は医師や病院経営者等の個人の業務をサポートする性格が強いのが一般的な特徴となっています。
ただ、具体的な業務内容は医療機関ごとに異なります。
医療秘書には公的な資格がなく、理論的には誰でもなれる職業です。
ただ、一般的なコミュニケーション能力や事務処理能力に加えて、医学や医療保険制度等に関する知識もある程度必要なことから、専門学校等で学んでから求人に応募するというのが一般的な進路となっています。
いわゆる医療系と呼ばれる専門学校の多くには、医療秘書を養成するコースが設けられています。
学習期間が2年間というのはほぼ共通していますが、授業の内容は専門学校ごとに独自の特色を持っています。
そのため、学校を選ぶ際はカリキュラムに注目する必要があります。
基礎医学や接遇等に関してはおおむねどの学校でも学べますが、簿記・手話・情報管理といった関連課目については、学校によって採り入れているところとそうでないところがあります。
また、医療秘書には民間の検定資格が複数存在します。
資格によっては受験資格の得られる専門学校が指定されているケースもあるので、その点も学校選びの際に参考にするようにします。

就職で有利になる

男女

現在では医療機関を利用する高齢者が急増していることから、多くの病院やクリニックでスタッフの募集が積極的に行われています。
つまり医療系の資格を取得しておけば、職には困りにくいと言えるのです。
そのことから、医療系専門学校の需要は高まっています。
大学でも取得することは可能ですが、専門学校の方が修業年限が短めに設定されているため、その分早く資格を取得して、早く就職できるからです。
取得する資格にもよりますが、修業年限は大学の場合は4年、専門学校の場合は3年となっています。
専門学校の方が1年分短いので、その分ハイペースでの学習が必要となりますが、支払う学費も1年分少なくなります。
つまり時間的な余裕が少ない分、金銭的な負担も少ないわけです。
具体的には年間の授業料の相場は、大学でも専門学校でも100〜150万円となっています。
また医療系資格の取得のための学習では、やや多くの専門設備やテキストが必要となります。
さらに医療機関での実習にも費用がかかるのですが、これらの合計は年間で20〜30万円です。
その点からも、短期間で学習を終えることになる専門学校では、経済負担が少ないと言えるのです。
また大学の場合は、医療系の資格を取得しても、別の分野で就職活動をする人もいます。
それに対して専門学校では、ほとんどの人が資格した取得を生かして就職します。
その分特定の医療機関の推薦枠があることが多いので、就職活動でより有利になることからも注目されています。

大学への合格について

学生

医師になりたい人は、医科大学や医学部を設置している大学に入学する必要があります。
そこで必要な過程を学んだ後、医師国家試験に合格すれば、医師免許を取得することができます。
医学部は受験難易度の高い学部であり、合格するためには高い学力が必要になります。
医学部志望者は、早くから医学部合格という目標を掲げ、それに応じた勉強を積み重ねている人が多いです。
また、現役合格ができなかった場合も、浪人をして再度チャレンジする人が多いのも特徴です。
2年以上の浪人生も多くいて、学部へのこだわりが強いのが特徴です。
医学部受験を考えている人は、早い段階から受験対策を進めていくことが大切になります。
継続した粘り強い受験勉強が必要になるため、志望に対する強い意志と明確な目標設定が、大学受験突破のカギとなっていくでしょう。
また、現役の高校生の時から、学校での勉強と並行して、予備校や塾を利用して勉強を積み重ねている生徒もいます。
特に、同じ高校で医学部を目指す人が少ない場合は、そういった予備校や塾で同じ志望を持っている生徒といっしょに勉強することで、自分のモチベーションを高めようとする人もいます。
浪人すれば、ほとんどの生徒が予備校や塾の「医学部進学コース」に入学して、医学部受験に向けて勉強を重ねていきます。
大手の予備校を利用する人もいれば、医学部専門予備校を利用する人もいます。
医学部は難関ですが、しっかりした学習と対策を積み重ねていけば、それに見合った学力をつけていくことは可能です。

夢や目標で選びましょう

男女

医療学校には多くの種類があり、学べる内容が大きく異なっています。選び方の基準として、自分の目標に最も合った学部を選ぶことが挙げられます。違う学部を選ばないようにするためにも、就職までの進路から逆算して学校を選ぶのが良いでしょう。また、自分の興味関心のある分野を専攻することも重要となっています。

もっと読む

病院における特別な事務職

男女

医療秘書は、医療機関における事務職の1つです。医師のスケジュール管理や来客への対応等を主たる業務とします。仕事内容は一般企業における秘書とおおむね同じですが、医学等の専門知識もある程度必要です。そうした知識は医療系の専門学校で学ぶことができます。

もっと読む

実績を知るのが大事

女の人

医学部の予備校を探す場合には、まずは評判の良い所を探すことが大事です。生徒を希望する医学部に進学させた実積のある予備校は当然のごとく評価も高いので、医学部に確実に合格するなら実力を身につけられる予備校に行きましょう。

もっと読む