Medical secretary

医療の道を志すなら|医学部へ受験するのがピッタリ

夢や目標で選びましょう

興味関心も重要です

男女

医療学校には多くの種類があり、専門とする分野がそれぞれ異なっています。
そのため、入学した学部や学科によって違った教育を受けることができるようになっています。
医療の幅はとても広いため、自分に最も合った学校を選ぶ必要があります。
一般的な選び方として、学部を基準にする方法が挙げられます。
学校に設けられている学部ではその進路の専門家になれるような学習カリキュラムが用意されているので、具体的な将来の目標が決まっている場合の基準として用いることができます。
例として、医師になりたいと考えている場合は医学部に入学するといった選び方があります。
注意することとして、同じ専門分野であっても就職後の働き方が異なっている場合があることが挙げられます。
薬剤師の場合、病院や薬局で薬の調剤を行う分野と、新薬の開発や評価を行う創薬研究の分野に分かれます。
創薬研究を行いたい場合は薬学部の創薬学科に入学する必要があるため、どの様な職業に就きたいかが決まったら進路について詳しく調べて、違う学部に入らないようにすることが重要と言えるでしょう。
その他の選び方として、学校に通う年数を参考にする方法が挙げられます。
看護学部の場合、通常は4年間学校に通う必要がありますが、短期大学の場合は3年間で履修が完了するようになっています。
そのため、なるべく早く就職したいという場合は短期大学を選ぶようにするのが良いでしょう。
人によって興味のある分野がそれぞれ違っており、向き不向きにも影響してきます。
自分がどの様な医療に興味があるかといったことも、医療学校を選ぶ際の重要なポイントであると言えるでしょう。

英語と国語が重要

女の人

医学部を受験する時には、理系の科目だけではなく、文系の科目にも力を入れる必要があります。
基本的に、医学部の受験生は理系の科目は得意なことが多く、点数で大きな差はつきません。
しかし、文系の科目では苦手なものがあって、その科目のために総合点が伸びないことがあります。
特に英語と国語が重要な科目で、この2科目の準備には時間をかけるようにしましょう。
英語も国語も短期間では成績は上がらないので、高校1年生の時から勉強を始める必要があります。
国語の場合は、読解力を身に付けるようにしましょう。
そのためには、毎日いろいろな種類の文章を読んで、その内容を確実に理解することが大切です。
読んだ後に、自分の言葉でその文章をまとめるようにすれば、読解力の向上につながるでしょう。
そして、英語の場合は、単語をできるだけ多く覚えるようにしましょう。
また、医学部の英語の問題には、医学に関係する長文が出されることがあります。
科学に関連する単語を覚えておけば、実際の受験の時に役立ちます。
医学部を受験には、小論文が出題されることが多いです。
小論文対策も早めに行うようにしましょう。
小論文で良い点数を取るには、文章を多く書くことが大切です。
過去に出された問題を見て、自分で小論文を書いてみましょう。
書いた文は、専門的な知識のある人に添削してもらいます。
高校の国語の先生に頼んでみましょう。
それができない時は、塾か予備校に行って講師の人に添削してもらいましょう。

後半は実習が多めです

大学生

医療を学ぶことができる学校は数多く存在し、一般的には大学や専門学校などで学ぶようになっています。
医療学校では人体の構造や機能といった専門的な知識に加え、病気の診断や患者様との対話といった臨床的な技術を学ぶことができます。
そのため、専門的な知識を生涯にわたって学習し、医療現場で人の役に立ちたいという方に向いていると言えるでしょう。
医療系と一言で言っても多くの分野が存在し、病院などの現場で中心的な役割を担う医師になれる医学部や、薬の専門的な知識を持った薬剤師になれる薬学部などがあります。
そのため、自分がどの様な形で医療に携わりたいかをしっかりと考えて学校に入学する必要があります。
また、医学部と歯学部、薬学部は他の学部と異なり6年間大学に通わなくてはいけないという特徴があります。
学習時間が長い分深く学べる分野であるため、集中して学習したい方に特に人気となっています。
医療学校の最大の特徴として、高学年では病院実習などの実習授業が多いということが挙げられます。
実習では、国家試験や就職後に役立つ情報やスキルを学ぶことができる他に、多くの医療スタッフと接することができるようになっています。
特にチーム医療の重要さが学べれる良い機会であるため、多くの学生が実習に満足しています。
また、近年では病気の治療だけではなく、心のケアも行うことができる医療人教育が盛んに行われているという特徴があります。
そのため、医療学校で学習を行う場合は勉強だけではなく、人の心に寄り添えれるようにコミュニケーション能力を向上させることも重要であると言えるでしょう。

夢や目標で選びましょう

男女

医療学校には多くの種類があり、学べる内容が大きく異なっています。選び方の基準として、自分の目標に最も合った学部を選ぶことが挙げられます。違う学部を選ばないようにするためにも、就職までの進路から逆算して学校を選ぶのが良いでしょう。また、自分の興味関心のある分野を専攻することも重要となっています。

もっと読む

病院における特別な事務職

男女

医療秘書は、医療機関における事務職の1つです。医師のスケジュール管理や来客への対応等を主たる業務とします。仕事内容は一般企業における秘書とおおむね同じですが、医学等の専門知識もある程度必要です。そうした知識は医療系の専門学校で学ぶことができます。

もっと読む

実績を知るのが大事

女の人

医学部の予備校を探す場合には、まずは評判の良い所を探すことが大事です。生徒を希望する医学部に進学させた実積のある予備校は当然のごとく評価も高いので、医学部に確実に合格するなら実力を身につけられる予備校に行きましょう。

もっと読む